>

悪口を書くことは絶対にいけない

この記事をシェアする

いじめの原因になる可能性

ブログで誹謗中傷されたことが、いじめだと感じる人もいます。
自分は仲間内だけで見るように書いたつもりでも、情報が洩れて悪口の当人にブログが見られることがあります。
すると相手は傷つきますし、怒ることが考えられます。
復習されて、今度は自分が傷つくかもしれません。
そのように負の連鎖が生まれるので、原因になりそうなことは最初から書かないでください。


いじめが原因で、命を絶つ人もいます。
その原因が自分の書いたブログだったら、非常に後味が悪いですよね。
そんな大事件になったら、責任が取れません。
他人の悪口をブログに書いてストレス発散をするような行為は、絶対にしないでください。
基本的にブログには、明るい内容のことを書きましょう。

企業の評判を下げる行為

自分の企業の宣伝を、ブログでする人もいます。
それは構いませんしインターネットを使って宣伝するのは、とても良い方法です。
しかしその時に、この企業はダメだけれど自分の企業は優れているという書き方はしないでください。
するとブログを読んだ人は、比較対象になった企業に対して悪いイメージを抱きます。
それは業務を妨害したことになるので、相手が警察に言えばこちらが逮捕されます。

ブログで企業を宣伝する時は、自分の企業だけを言ってください。
他の企業と比較して、優れている部分をアピールすることは控えましょう。
ブログを見ている人は、自分が思っているより多いと思ってください。
ですから企業の悪口を言うと、すぐに拡散されてしまいます。